注意欠陥多動性症候群者が衝動的かつ不注意に書いてしまうブログ

49歳、注意欠陥多動性症候群及び自閉症スペクトラムと診断され、今までの人生で上手く行っていないことに納得できました

僕の発達障害は、ADHDで、ジョブス的罵倒型です。 僕は正社員だった頃は、アルバイトから店長から客から気にくわない奴は罵倒しまくっていました。 パワハラ正社員でした。 告白します。 その後、うつを発生し、休職、離婚、失業、借金、自己破産、職を転々。 そして、約5年後に契約社員。 疲れてくると、罵倒の癖は治らず、4年後は、懲戒解雇。 その前に、郵便局の対応が悪く、カウンターにあるプレートを下に叩きつけるつもりが、局員にあたり、暴行罪、罰金10万。労役が嫌なので、派遣へ無理やり入り、再就職手当で、払いました。 この10万が痛く、いまは、罵倒はありません。 私は衝動型のADHDです。

女性の発達障害者は社会性はあると私は見ている

就労移行支援施設へ行って私がよく理解できたことは女性の発達障害者は男と違い、「社会性が充分ある」のだ。飲食店へ行くと動きがぎこちなくなるだけのことにすぎず、他人への配慮は充分あるのだ。
ということは、発達障害とは一概に社会性の障害とはいえない。
社会性の障害に当てはまる人間は概ね、ゲーム中毒者ですよ。女性はむしろ、別の分野で発散しているからかもしれない。
だいたい、見てて私がわかったのは、遅刻したり、カリキュラム中寝てしまったりするのは、ゲームだのアニメだのにはまっている幼稚な男です。そういう奴は、休憩中、ひたすらスマホゲームに興じています。電磁波に浴びているだけなのにね。しかし、女性は各人、リラックスして休んでいる。
遅刻などは単なる夜更かしが原因ですね。ゲーム中毒が社会性を損なわせていると僕は見ています。
ということは親の躾にも原因はありますね。
就労移行支援へ通うような年齢になっても「ゲームというおしゃぶり」から抜け出せないのは「幼稚」です。それだけ。

「狡い発達障害者」もいることは事実

知的障害者は素直で素晴らしいが、ある程度「知能が高い発達障害者」は自分が「発達障害」であることに開き直って社会的非常識行動に「合理的理由」をもって開き直る奴が割といます。
たとえば、徹夜でゲームをして会社へ行くのが遅刻してしまった、ということを平気で「発達障害だから」という狡い奴はいるし、さらにそういう狡い奴は、ゲームはクリエイティブとまでほざくからね。つきあいきれないよ、そんなバカには。

私が以前、遭遇した「狡い発達障害者」は他人の私の机を自分で食べたものを汚しておきながら、謝罪しないから、お前、それどかせ、と怒鳴ったら、「パワハラ」とかいって管理者へ泣き言いって、管理者の立会いのもと、何をいったか「許してやる」だってよ。バカなんじゃないか。

中高年にもなって自分の障害だけが「生きづらい」原因ではないことはわかりきっていることが支援者にはわからない

成人の発達障害、特に中高年発達障害は一般社会でも生きており、痛い体験もあるから、特別支援学級へ行うようなアプローチでは中高年から相手にされない。支援者はもっとも関わりたくないのがこの層です。というのは逆にやりこめられてしまうから。ということで成人発達へは支援は発展しないでしょう。
中高年にもなって、障がいだけではないことが人生の困難さなんてわかりきっているから「生きづらい」というワードだけでイベントする支援者なんてバカにしかみえないのです。

ビジネスマナーだとかそんなもの、あろうがなかろうが全く大勢に影響がないこともわかっている。

中高年発達障害者へはアプローチをいかに変えて接するかだけですね。

日本で愛国精神を鼓舞しようにも、アメリカの開拓者精神のようなパワーワードがない

アメリカでは愛国精神の鼓舞は建国精神と結びつけられ、開拓者というイコンとともに権力から撒き散らされるが、日本では建国精神そのものがないし、日本書紀古事記といったり、明治維新といったり常に視点が彷徨うから愛国精神の統合は困難である。日本の愛国精神の鼓舞は撒き散らし方がヘタだし、開拓者という強力ワードがないですね。
開拓者とは、まさに、多数のアメリカ人民の汗の結晶
をイメージさせ、特に白人アメリカ中間層から低所得層まで掴む言葉だが、日本は愛国精神の鼓舞にあたるものは何か?
日本書紀古事記だと、はあ?の世界ではないか。
さらに明治維新だと、ああ、それはお侍さんの話だで、と他人事になります。
日本にはアメリカ愛国を喚起する開拓者という言葉がない以上、いつもなにもかも上滑りで広がる日本らしく、愛国も上滑りである。

お任せ民主主義とは?

お任せ民主主義とは、主権者たる我々国民が、本来、国民に存する主権を代理の政治家などへ移譲しすぎてしまっていることから来る一種の主体性の放棄である。

それが進むと、政治家へ先生などと呼び、賄賂がはびこり、という主権を貨幣を介在させて譲渡する、という状態になり、商品へ変化する。

そして、日本では不思議なことが起きている。

法人企業からの自民党への献金は、主権が法人に存在しないのに、まるで、主権を譲渡しているかのような納得性がなぜか社会通念的に介在してしまっているが、法人企業には主権がないから、主権がないのに献金を渡して企業の意志を自民党へ仮託すること自体、政治的混乱のもとである。

仮に大富豪のおっさんが個人名義で賄賂を使い、自分の政治的意志を主権を譲渡させて達成するのは、決して良いことではないが、理解範疇である。

だが、なぜ、法人企業という主権が存在しない人工物が、自民党献金できるのか、選挙権もない法人が、なぜ、今や政治的な一大勢力と化したのか。

それは、何なのか。

ちなみに、経団連中西会長は国民の反対にあっているから原発をとめたほうが良い、ということを述べたが、中西会長はそんな他人任せのようなことより、献金を止めれば良いではないか。それが、中西会長が述べた「民主主義を守る」ことになるのではないか。

 

ヒゲについては就業規則をまず見てから反撃しなければいけない

就業規則の服装規定を見ないと論点は拡散する。つまり、↓のように、身だしなみについてを論じてしまう。
それは、大して重要ではない。
就業規則の服装規定がどう書かれ、その就業規則が法の範囲内にあるかどうかだ。
そして、ヒゲを表現の自由だとかそのレベルで反撃するのは、幼稚である。
なぜならヒゲがその仕事に対する影響、安全性から問われるからだ。
そのような多面的なアプローチを経て、ヒゲをつけてもなんら運転上、危険ではなく、客への不快感はあくまで主観的な意見でしかない、という理論を立てなければいけない。

 

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">ヒゲが不快だと思う人もいれば何の問題もないという人間もいるし、身嗜みなんてものは非常に曖昧な概念。そんな万事が主観に支配される概念で不利益処分なんてされたらたまったものではない。公務員は公務さえしっかりこなしていれば良い。</p>&mdash; 異邦人 (@Beriozka1917) <a href="https://twitter.com/Beriozka1917/status/1086033349087350784?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

 

チームプレイがとれない日本人というアホな民族性

日本人が強いのは個人芸だけですよ。チームプレイのサッカーなんか全く惨敗している。チームプレイなのに個人芸に依存したがる甘えがチームにある。当然、それは負ける。
なぜ、日本では労組が発展しなかったのか、シンプルな答えは、労組はチームプレイだからだ。チームプレイは日本人がもっとも苦手とするカテゴリーだからだ。
関西生コンも武委員長がまるで西郷隆盛のように「人望が厚い」というそれだけでしか成立していない全くチームプレイとしてはダメな労組ではないか。
スターやリーダーはいらない。
まずは、イチローのようにチームプレイに徹しながらもコツコツ努力をする人間を日本は育てない限り衰退するだけだ。
組織で動くことが現代資本主義では当たり前なのに、意味不明な英雄やリーダーを求めても意味がない。
チームプレイとは、自発的に個々のメンバーが考え、または、PCDAのPに基づいたコーチ理論のもとで正しいコーチがなされる状態であり、日本のバカコーチのようにしごきさえすれば良いものでもない。
いかに、チーム、組織で動くか、が現代日本に欠けた考えであり、それがないから、日本は衰退していくだけです。