注意欠陥多動性症候群者が衝動的かつ不注意に書いてしまうブログ

49歳、注意欠陥多動性症候群及び自閉症スペクトラムと診断され、今までの人生で上手く行っていないことに納得できました

僕の発達障害は、ADHDで、ジョブス的罵倒型です。 僕は正社員だった頃は、アルバイトから店長から客から気にくわない奴は罵倒しまくっていました。 パワハラ正社員でした。 告白します。 その後、うつを発生し、休職、離婚、失業、借金、自己破産、職を転々。 そして、約5年後に契約社員。 疲れてくると、罵倒の癖は治らず、4年後は、懲戒解雇。 その前に、郵便局の対応が悪く、カウンターにあるプレートを下に叩きつけるつもりが、局員にあたり、暴行罪、罰金10万。労役が嫌なので、派遣へ無理やり入り、再就職手当で、払いました。 この10万が痛く、いまは、罵倒はありません。 私は衝動型のADHDです。

workfareという新自由主義の風景

その殴った奴は、全く福祉に興味がないやつだったということです。ただ、仕事はできるので、リーダー職なんか任されてしまい、そのストレスでこうなったのか知らないが、つまりは会社も、支援員も福祉を舐めたら暴行殺人が起きてしまったということではないでしょうか。
もうひとつ、僕が思い出したのが植松聖です。植松も福祉に興味がないのに障害者施設という福祉現場で働き、殺人傷害をした。
共通点は、おいおい福祉を舐めてないか、ということです。
僕は49のとき、発達障害と診断され、就労移行支援ウェルビーへ通所したが、完全に福祉を舐めている支援者がマニュアルのカリキュラムで就労移行をする、というふざけた施設でした。だいたい、福祉について学んでもいないのになぜ障害者へ就労移行をできるのか。おかしな施設でした。だったら、ビジネス的に鋭い奴がいるのかというとそうでもない。福祉も知らない、ビジネスも鋭くない、就労移行支援ウェルビー、それは意味のある施設なのか。そうです、そのウェルビーのような施設も福祉を舐めている。
福祉に参入してきた他業態の福祉を舐めた精神がこの事件を生んだのだ。
welfareではなくworkfareの新自由主義のひとつの風景がこの老人ホームでの事件だ。今後、減ることはないが、さらに増え続けるだろう。

https://mainichi.jp/articles/20190530/k00/00m/040/103000c

天皇即位パレードという国民にとって有害でしかないイベントは廃止してもらいたい

天皇パレードなど道路渋滞の原因と近隣住宅へ警察が見回り、全くもって国民になんらいいことはない。自民党の前を通過しようが、しなくても、警察権力の強化は目に見えている。それが天皇即位パレードだ。いちいち、通行人やドライバーへ身分証明の提示だとか行き先だとか、警察が尋ねる。

自称リベラルは、天皇即位パレードのコースが自民党ビルの前を通過することに憤るが、論点がずれている。

天皇即位パレードで、「何かあったら困る」ということで警察が民家を見回りにくるのだ。そんな鬱陶しいことはない

戦争犯罪ヒロヒトが死に、アキヒトが即位し、即位パレードが行われたときはパレード付近は警察の厳戒体制にいれられてしまい、自由がなくなったのだ。天皇即位パレードとは、斯様に国民には迷惑なパレードである。

アキヒトが即位したときも即位パレードはコース付近は厳戒体制に入り、洗濯物を外で干すなという警察からの命令すらあったのだ。

たいへん、迷惑、国民にとって邪魔、有害の天皇即位パレードなど、廃止してもらいたい。

そもそも、即位パレードは憲法が定める国事行為ではない。

日本に中産階級が大量に発生した要因

1977年の大平政権の「日本型福祉」から一貫して政府自民党は、自助を最優先に置き、その次に共助、それでもダメなら公助、と言い続けている。1977年以前は高度経済成長時期なのに、政府自民党は、日本は貧乏国家だから、できない、と言い張り「福祉」という概念すら否定していた。

日本が、中産階級を大量に生み出し得たのは、かつての自民党が「リベラル」でもなんでもなく、経済成長で利益が増える日本企業の企業福祉が今に比べて充実していたからである。だが、日本の公的保障は貧弱だから、企業間格差があり、大企業信仰が国民に生まれた。

事実、当時は、企業の企業福祉充実度が会社を選ぶ基準だった。当然、大企業の企業福祉が充実しているし、賃金そのものは良いので、良い大学、良い会社を目指した激しい受験競争が為された。

そして、企業福祉が現在より充実していたのは、単に経済成長していたからではない、経済成長していた日本企業へ現在より遥かに高い法人税が日本企業が税金対策として、企業福祉を充実させざるを得なくなる。

事実、私が1990年に勤務していたある企業は税金対策と称し、飲み会は会社経費だった。それが法人税が高い効果である。

 

 

 

 

 

天皇は人間だから人権はある

人権が剥奪されているのに人権保障が規定されている日本国憲法天皇の条文がかかれるのはおかしいではないか。天皇もまた人間であるから人権は保障され、天皇の人権保障は天皇の地位を定める主権者の日本国民が天皇の人権を保障しなければならない。

井上達夫はありきたりな天皇制物語を語っているに過ぎない。

www.asahi.com私は井上達夫のような学者には天皇には人間だから人権がある、と答え、象徴天皇制を奴隷と見る認識の狂いを是正させてやりたいだけだ。

象徴天皇制が奴隷に見えてしまうのは「世襲」だからだ。

この「世襲で継承される天皇」は、見方を変えれば平等の原則に反しているから、世襲そのものは「人権を超えた特権」になってしまっているという見方もできる。

そして、象徴天皇制が奴隷のように見えるのは実態としてのそのシステムの運用に欠陥があるからだ。

一例を上げよう。

天皇の即位の一般参賀は官邸から10連休中に行うように命じられた。宮内庁が反対しても、それは強行されたのだ。このような運用が奴隷に見えさせているだけで、それはあくまでシステム運用者、つまり政界、財界、官僚といった者たちの天皇のシンボル操作に原因がある。それは日本国憲法象徴天皇制に原因があるのではない。

日本国憲法象徴天皇制とは大日本帝国憲法の君主大権を180度変換させた法的存在である。

改めて、象徴天皇に関する条文を見てみよう。

 

天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

この条文は第1章の第1条に置かれ、うっかりすると通り過ぎてしまう条文でもある。

分析すると、「天皇」「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて」「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」とあるが、主語は「天皇は」であり、その「天皇の存在は日本国の象徴であり国民統合の象徴であって」と続く、この箇所で天皇の定義がなされる。これが如何に大日本帝国憲法天皇の定義と全く違うものであることを理解するには、大日本帝国天皇の条文を見てみよう。

第1条大日本帝国万世一系天皇之ヲ統治ス

第3条天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

と書かれてある。これは日本国憲法と全く180度の定義だ。

日本国憲法天皇の地位は、主権者の存する日本国民に置き、大日本帝国憲法は「万世一系」「神聖にして侵すへからず」と神意に基づいた天皇の地位だ。

この違いは極めて重要なことであり、日本国憲法は、天皇さえ天賦人権節に立って人権を保障し、大日本帝国憲法天皇は王権神授説に立ち、大権=国家権力を与えているのだ。(但し、その大権も憲法に規定されている。第4条天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ)

そうである、天皇もまた一個の人間にすぎず、自然権で保障された人権は保有している。

シンプルに語る。

人権保障に立ち、自然権説の日本国憲法がなぜ、天皇に人権を与えていない、と言えるのか。しかしながら完全なる人権は保障されていない。例えば「選挙権」だ。

天皇はあくまで「象徴」という公正・中立的立場だから、選挙権というある政治勢力(政党など)に加担することで象徴的機能が失われ、統合が中に浮くからだ。しかし、選挙権は秘密が守られるから投票の自由があってもよさそうなものではないか。

第15条第4項 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

このことを拡張すれば皇室にも投票権が適用されてよい。

なぜなら「秘密投票」だからだ。21世紀にもなってもなお天皇のような「特別視」されやすい存在の秘密は厳重に確保されないと、国民の選挙行動に大きな影響を与えてしまう。それは厳重に扱わなければいけない権利だ。そうなるまでに日本国民が民主主義をどれだけ進歩させるかがポイントだ。

天皇に人権がある、ということは、単純に言って、天皇も人間だからというのがその根拠だが、日本が主権在民基本的人権の尊重、平和主義の日本国憲法が基本である日本では、「立憲民主国」がその国のベースであり、象徴天皇とはそのオプションに過ぎない公務員でしかない。その公務員は人間であり天皇に就任する人間にも人権は保障されないと「文明国」とは言えない。

ここで逆に天皇に人権がないと仮定してみよう。そうなるとどうなるか。

以下のようなことが予想される。

右派が人権がないというその巻き返しで大権を天皇へ付与しようとするに決まっている。

それが「自民党改憲案」だ。だが、自民党改憲案は穏和に「元首」と天皇を表記し、主権は国民に存し、と書かれてあるが、国民主権民主主義原理では内閣総理大臣が「元首」になるはずだが、自民党はその矛盾に気づいていない。

自民党改憲案は立憲君主国なのか立憲民主国なのか、そもそもわかっていないのだ。

これは「わ~い、天皇は国の元首だぞ」と子供が言っているようなものである。

天皇に人権がない、とわめいているといつのまにか日本の「元首」が天皇となり、徐々に「大権」へ発展するだろう。右派言論人や右派政治家が男系男子にこだわるのは「大権」のために何としてでもこの「男系男子」に拘っているのだ。

第2条皇位皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男子孫之ヲ継承ス

大日本帝国憲法に書かれてある。皇位は男だ、と。

皇位が男である理由は明治国家は富国強兵策をとり「強い国家」を内外に示すマッチョ政策でしかないからだ。21世紀になってもなお、マッチョ政策を右派政治家は採用したいのだ。つまりは軍事強大化だ。天皇に人権がないといっていると「元首」→「大権」という恐ろしい展開が弁証法としてアンチテーゼとして定立され、「総合」として「富国強兵」へいたる。それを私たちは望んでいるのだろうか。

そして、ここでとても身近な話をする。

天皇が病気になった。

我々はその心配を特別な人だからということで心配するのだろうか。

いや、違うはずだ。

われわれ文明人は天皇もまた一個の生命ある人間として、私たちの生命のように心配するはずだ。そうでないと「文明人」とは言えない。

私たち国民が天皇が病気になったら「特別な人」だからではなく「一個の人間」だから、その病気治療、生命維持に気を配るのだ。 我々は天皇を特別視してはいけない。 ゆえに、天皇には人権がある、と民主的に言わなければならない。

そして最後に私が言うのは、天皇日本国憲法に定められている以上、日本国憲法に照らして一致した「自由的発言権利」は所有される。当然である。アキヒトでは「被災地に思いを寄せる」で終わっていたが、これは1歩進むと国民の生存権が脅かされている、ということは可能なのだ。

そうである、天皇日本国憲法に合致した自由権に基づいた意見は言えるのだ。

当たり前の話だが、天皇ヘイトスピーチを言えるわけではないし、我々国民もまた言えない。なぜならヘイトスピーチとは他者への明白な人権侵害ゆえ、「自由権」ではない。だが、おかしなことにヘイトスピーチを「表現の自由」と定義する人がいるが、このような曲解が「天皇には人権がない」と言わしめているのだ。だがこの曲解で進むと明らかに「明治国家」へ弁証法として「総合」されていくであろう。

日本が軍事国家へ進まないためにも「天皇も人間だから人権はある」と声を大にしていおう。

天皇に人権がない、と言っている人は、ステレオタイプな王はカゴにつながれ自由ではない、とか、ローマの物語、とか、そういうありふれた王様物語に染まりすぎであり、天皇日本国憲法に規定された「日本及び国民統合の象徴」であることを忘れ、天皇を王様と勝手にみなしているのだ。

そのことが、王にひざまづくから王が生まれるのだ、というマルクスの言葉の意味だ。

我々は、ひざまずく人々で良いのか。

嫌ならば、天皇と国民との対等保障している日本国憲法に基づき、天皇には人権がある!と声を大にして言おう。

 

付け足し。

天皇に人権がないと言ってしまうことの危険性は、仮に天皇が刑法に抵触したことをした場合、扱いに困るのだ。

そう、それは敷衍すると、ヒロヒトの戦争責任に関わるのだ。

大日本帝国憲法では君主無答責が保障されたヒロヒト人間宣言をして、「人権」が保障された。

日本国憲法がその「人権」を与えた。

時系列的にはヒロヒトの戦争責任は国際法的に東京国際裁判で戦犯として追及されてもおかしくないのだが、それは「国際法的に見てなぜだか免責された」

だが、天皇と日本人民の関係における戦争責任の問題があり、それは日本国憲法が成立し近代的整備がなされてから、明確にヒロヒトの戦争責任が「確定した」のだ。だが、ヒロヒトはその「確定された」戦争責任を無視して、戦後、なお、また「現人神」として維持し続けようとした。

ヒロヒトは悉く日本国憲法に反逆した。

その反逆は違憲である。

天皇には人権がない、特別視していると、天皇違憲だ、戦争責任がある、と言えなくなるのだ。

われわれは、天皇制の悪を追及するためにも、天皇には人権がある、というべきだ。

付け足し2

公務員には労働三権が完全保障されていないが、憲法上は労働三権は付与されている、また、自然権として労働三権は公務員にはある。同じように天皇には一見、現実的な事態として人権がないように見えるが、自然権としての人権はある。では公務員や天皇から人権を奪っている存在は何か。国家である。

付け足し 3

マーティン・ルーサー・キングは黒人にも公民権があると確信したから公民権闘争を始めた。

天皇に人権がない、といいきる人間は黒人にも、奴隷にも人権はない、といいきる差別主義者だと見てよい。

実際、天皇に人権がないと言っている奴らは奴隷のようだ、とのたまうが、奴隷にも人である以上、人権はあり、その国家的には無権利状態だが、法自然的には人権がある、ということを見ない国家主義者である。

人権とは、人である以上、誰にでも平等に付与される権利である。

 

 

 

 

日本国憲法に定められた天皇とはヤマト朝廷の末裔を拒否しているはずだが…

日本国憲法に定められた天皇とはヤマト朝廷の末裔ではないのです。日本国憲法に定められた天皇とは主権在民基本的人権の尊重、平和主義が原則の憲法の日本と国民統合の象徴ですから、本来、即位式だとか剣璽等承継の儀などを行い、ヤマトとのつながりを演出してはいけないのです。

その剣璽承継等の儀が違憲性が濃いのに、その退位から即位に至る一連の宗教的儀式(国家神道)の政教分離に反した儀式で民主主義国家の首長である安倍晋三が読み間違えようが、その儀式自体が違憲だから、そこで読み間違えようが、我々国民は、どちらかに加担するのではなく、共に「異常」というべきです。

 

安倍晋三が天皇の前で読み間違えようが人民には実害はない

三権の長の一つの首相が妙な古文調で敬語が入り混じった文章を天皇へ向かって読むことが「民主主義」に反しているんだよ。多くのネットユーザーは表面的に安倍の読み間違いを指弾するが、それは問題の「surfice」でしかない。

問題の本質は「なぜ民主国家の首相が象徴にすぎない天皇へ拝跪するか」だ。

安倍晋三天皇の宗教的儀式で読み間違えようが、全く人民には実害はないし、天皇は内心、ムカッとするかもしれないが天皇が権力を行使できるはずもない、また、外交問題にも発展しないし、政治中枢を侵食する危険もない。

つまり、安倍のその読み間違いを指弾する方がじつは忠臣愛国を発揮して不気味だ。

そうなのだ。

安倍晋三天皇の前で読み間違えようが人民には実害はないのだ。

だが、安倍晋三は、独立回復の日に「天皇陛下ばんざい」をやった手前、その拝跪は政治的意図がある。その政治的意図が実現するのは「読み間違えない」ことだが、安倍は読み間違えた。

フロイト精神分析の「無意識」か? 

私たちは天皇即位式という宗教的な異常な世界を政治や「ふつうを自称する日本国民」が是認するさらなる異常な世界に生きており、その異常の秩序が破綻しないように、たかだか安倍晋三ごときの読み間違いに憤慨する感情いじりの時代に生きているのだ。

そう、安倍晋三だけが「異常」ではないのだ。

安倍晋三だけ批判すれば政治参加しているかのような錯覚こそ、怠慢な衆愚政治以外何者でもないが、安倍晋三は、とにかく、頭が悪いからね。それは政治的危険だよ。

 

 

 

 

 

解釈改憲=違憲答弁の簡単な流れを押さえました

1950年代の個別的自衛権が初めの解釈改憲違憲答弁。

湾岸戦争当時の自衛隊の海外派兵を正当化づける小沢一郎がリードした国際貢献論が第2の解釈改憲違憲答弁。

そして、小泉のイラク派兵が第3の解釈改憲違憲答弁。

今は安倍政権の安保法制という安倍の単なるわがままが第4の解釈改憲違憲答弁。