注意欠陥多動性症候群者が衝動的かつ不注意に書いてしまうブログ

49歳、注意欠陥多動性症候群及び自閉症スペクトラムと診断され、今までの人生で上手く行っていないことに納得できました

僕の発達障害は、ADHDで、ジョブス的罵倒型です。 僕は正社員だった頃は、アルバイトから店長から客から気にくわない奴は罵倒しまくっていました。 パワハラ正社員でした。 告白します。 その後、うつを発生し、休職、離婚、失業、借金、自己破産、職を転々。 そして、約5年後に契約社員。 疲れてくると、罵倒の癖は治らず、4年後は、懲戒解雇。 その前に、郵便局の対応が悪く、カウンターにあるプレートを下に叩きつけるつもりが、局員にあたり、暴行罪、罰金10万。労役が嫌なので、派遣へ無理やり入り、再就職手当で、払いました。 この10万が痛く、いまは、罵倒はありません。 私は衝動型のADHDです。

自覚して日本人は天皇へ「陛下」をつけて呼ばないことだ、それが日本人の自己成長を促す

天皇人間宣言しようが、人間の頂点にあれば事態は変わらない。名称変更や言葉の言い換えで有耶無耶にする日本的風景の一つが天皇の「人間宣言」である。

実際、その証拠にいまだに日本人は無邪気に「天皇陛下」と呼ぶではないか。

そのことが有耶無耶だ。

自覚して日本人は天皇へ「陛下」をつけて呼ばないことだ。子供は、親が「天皇陛下」と呼ぶから「天皇陛下」とその言葉の意味がわからず反復してしまう。だが、その子供も成長したら「陛下」の意味を理解できるので「陛下」と呼ばないことで、主体克服を可能にする。自己成長できるのだ。
あなたが仮に戦争反対といおうが、いつまでも「天皇陛下」と無邪気に呼ぶあいだはあなたの戦争反対は「奴隷の戦争反対」でしかない。近代的自我を所有したいのであれば、「陛下」とつけて呼ぶことを捨ててこそ初めて近代的自我、そして「平等」の実質的意味を獲得できるのだ。

日本人がいつまでも天皇陛下と無邪気に呼ぶあいだは、日本人が近代的自我からいつまでも遠い未開人のままであろう。

自己確立とは親離れのことである。
それは子にとって恐怖であり冒険であり新たな人生の獲得である。
同じことが日本人に言えるのだ。
かつて、日本人は天皇の赤子だったのだ。戦後になってその制度は廃止されたが、だが、日本人の奥底に眠ったその赤子意識が残ってしまい、今でも天皇に対し「天皇陛下」と敬称をつけ、親=王を意識内で確立させてしまう。その意識内の関係を捨て払うには「親離れ」が必要なのだ。
日本人は自己成長のために「天皇」とその役割名だけで呼べ。

発達障害が治ると幸せは掴めるのか?

‪僕は発達障害が治ったからどうなの?という考えです。
現在の社会環境では、たとえ健常者でも「生きづらい」世の中です。格差や奨学金、消費税など。健常者になればバリバリ働けるとも言えない。非正規かもしれない。つまり、治ったところで、光明があるわけではない。‬
ただ、健常者だと、劣悪な社会環境に耐えられるタフさがあるのかもしれない、という期待があるだけでそうではないと私は考える。
私やあなたが現在苦しいのはその「発達障害」だけが原因なのであるとは言えないからだ。
あなたが貧困だとすれば、それはあなたが置かれた環境があなたをそうさせたとしか言えないのだ。もし、あなたがシングルマザーの子どもで自分の母が再婚し、再婚相手が暴力亭主でいつも虐待を受け、児童保護のために養護施設に入れられ高校をいじめで中退し、仕事は非正規で食いつなぎ…という環境だとしたら、発達障害だけが原因で貧困ではない。その環境でも健常者なら上手く人生を切り抜けられる、とは言えないからだ。
自分の苦しみは一体なんなのか。どこから来るのか。
一つだけに原因を見つけ、納得していてはいけない。
苦しみの真の原因は意外なところにあるものなのだ。

正規と非正規の名称の二種類がよく使われるのに、そのどこが「多様な働き方」と言えるのか

多様な働き方といいながら、よく使われる名称が正規と非正規という二種類しかない。そのどこが、多様なんだろう?
多様とは、私は週40時間1日8時間36協定されている事業所で勤務し、転勤や異動が会社から期待されており、諸手当が複数ついている、というようなことを各自言えないと多様ではない。
障害者雇用では、私は福祉的就労事業所のA型事業所で1日4.5時間勤務し雇用保険と労災は適用されているが時間数が足りないため、社保には適用されない働き方、という表現を各自言えて、多様と言える。
正規と非正規だけでは、二種類しかない。

ちなみに、「多様な働き方」には家事は含まれているのだろうか。

そして、経営専任担当者のような経営側サイドも「多様な働き方」に含まれているのか?

 

正規、非正規、多様な働き方という言葉は主観的判断が付帯している言葉だから、その言葉を使うときは、ある意図を含んでいると見た方が良い。

 

原因と責任の違い

社会構造に原因があるということはそのまま社会に責任を被せることではない。わかりやすくいえば、コメの買い占めがある、コメが高値になる、コメが買えなくなる、この場合、買い占めた人間や店に責任があるが、その買い占めを作ってしまうのはこの社会構造である。原因と責任の違いです。社会に原因があるのではないか、自分が困ったことのその原因は?と考えることは社会のせいにしているのではない。
シンプルにいえば、自分ばかりではなく、周りを見よ、という当たり前の話だ。

天皇制があるから安倍政権が生まれてしまうのである

安倍政権が天皇制権力の一つとして見たくない者が多すぎる。
明らかに大日本帝国天皇制権力ではないか。
アキヒトの人格を見てしまうから混乱するのであるのだ。
構造的に見ないといけないのに、アキヒトと安倍は敵対しているかのようなカムフラージュがなされている。
天皇制があるから安倍政権は生まれた。安倍政権のイデオロギー天皇制にしかない。
アキヒトが天皇制をやめさえすれば安倍など簡単に崩れる。
安倍政権=天皇制である。

事実確認から見ること

後藤昌次郎が本で述べているが、最優先で重要なことは事実確認だ、ということだ。
法律を先に読むのではなく、事実確認をしてから法律は後から読むということだ。
特に労働者は生活がかかっているから、法律で見かけ上、違法、合法に見えても事実から解きほぐすと、その表面的な違法、合法が全く別に見えてくる。
例えば懲戒解雇だ。
懲戒解雇は就業規則にあれば、合法かもしれないが、懲戒権が会社にアプリオリに存在するのはなぜ?という疑問から考え、労働者の生活を考え、すると、懲戒解雇が果たして合法かと言えるのか?となる。

敬語は「ですます」さえ使えればよい。尊敬語、謙譲語の使い分けを覚えることなど時間の無駄だ。

知的障害者が敬語で悩んでいたから、すべて子供に対してさえも、自分より年下でも、親でも、誰でも構わず、ですますで貫き通せ、と私は言っておいた。就労移行支援施設はこういった手抜きを教えないから、利用者は困る。ましてや、就労移行支援施設は利用者に「敬語の使い方」というのを作らせたりしていた。全く意味がない。企業の管理職が、「君、そこ、謙譲語だろ」という指摘することは全くありえない。ゆえに、ですますだけ覚えればよい。
敬語なんか覚えるより手っ取り早いのは腰を低くすることだ。当たり前の話だが。腰を低くするというのは誰に対しても公平に丁寧に誠実に対応することだ。そのときも「ですます」で貫き通す。その印象がつけば、この人は人によって態度を変えない人物とみられて好印象だ。やけに敬語を使うと逆に「上下で態度を変える」嫌な奴とみられかねない。

就労移行支援施設の実態