チョー短気なADHD50代のブログ

50歳にしてADHDとアスペルガー傾向があると診断されて、ようやく今までの人生のでたらめさが見えてきました。

僕の発達障害は、ADHDで、ジョブス的罵倒型です。 僕は正社員だった頃は、アルバイトから店長から客から気にくわない奴は罵倒しまくっていました。 パワハラ正社員でした。 告白します。 その後、うつを発生し、休職、離婚、失業、借金、自己破産、職を転々。 そして、約5年後に契約社員。 疲れてくると、罵倒の癖は治らず、4年後は、懲戒解雇。 その前に、郵便局の対応が悪く、カウンターにあるプレートを下に叩きつけるつもりが、局員にあたり、暴行罪、罰金10万。労役が嫌なので、派遣へ無理やり入り、再就職手当で、払いました。 この10万が痛く、いまは、罵倒はありません。 私は衝動型のADHDです。

裁量労働に対する防波堤、それはジョブ・スクリプト

高度プロフェッショナル適用労働者がすべき業務が他人の手を借りないと間に合わなくなるということが必ず起きることは予想されますから、巻きこまれサービス残業をさせられるかもしれない。
であるので、高度プロフェッショナルや裁量労働が導入されている企業へ入ったら、外部労組へ加盟し、団交で、裁量労働及び高度プロフェッショナル適用はジョブ・スクリプトを明確にせよ、と迫り、労働協約を締結する。